ネキシウムカプセルとスクラルファートの違いとは

胃の不調には、胃痛や胃もたれ、胸やけなどの症状から、胃の粘膜がただれて穴があくこともある胃潰瘍などがあり、誰もが体験したことがあるような身近な症状から重大なものまで様々なレベルのものがあります。
そんな胃の不調を感じた時に使うのが胃腸薬ですが、薬の成分について知っていると適切な薬を選びやすくなるので覚えておくと役に立つかもしれません。
胃の不調を治すための薬には色々な種類があり、ネキシウムやスクラルファートもその中に含まれています。
スクラルファートは市販の胃腸薬にもよく配合されている成分で、胃の粘膜を保護する効果を持っています。
胃の粘膜が弱っていると胃酸の刺激で胃に炎症がおこったり胃潰瘍が出来たりしますが、スクラルファートはそれらの不調を胃の粘膜に働きかけることで治していこうとする薬です。
スクラルファートは安全性の高い薬ですが、透析療法を受けている人は長期投与によってアルミニウム脳症などの危険があるため飲んではいけない薬であることには注意しましょう。
一方、ネキシウムは、胃の壁細胞のプロトンポンプという部分に働きかけて胃酸の分泌を強力に抑えることで、胃酸の量を減らし、胃の粘膜を傷つけないようにして炎症などが治るようにする薬です。
ネキシウムはカプセル状の薬となっており、飲みやすいことが利点で、副作用も少ない方とされているのがメリットとなります。
ネキシウムは胃の不調がひどい時におすすめの薬ですが、病院で胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群などと診断された時に医師によって処方される薬で、ドラッグストアでは手に入らないことに気をつけてください。
スクラルファートとネキシウムは同じように胃の不調を治すための薬ですが、作用機序が違うことや、ネキシウムは他の薬と組み合わせることでヘリコバクター・ピロリの除菌の補助が出来るということが異なる点となっています。