胃酸分泌が亢進し胃痛時はネキシウムと他の薬剤を併用

ネキシウムは、成分が、エソメプラゾールマグネシウム水和物で、胃酸の分泌を抑える薬剤です。
ネキシウムは、プロトンポンプインヒビターと呼ばれ、強力に、胃酸分泌を抑制する作用があります。
胃酸分泌が亢進し、胃の痛みや胸やけの症状があれば、ネキシウムを服用することで、胃酸分泌が抑制され、胃の痛みが軽減します。
ネキシウム単独でも、胃酸の分泌を抑える効果は、十分にありますが、この薬剤のみでは、胃の痛みなどの症状を軽減できない場合に、他の薬剤を更に追加して、2剤以上の薬剤を併用することもあります。
ただ、併用できる薬剤には、制限もあり、例えば、H2受容体拮抗薬と呼ばれる薬剤は、ネキシウムと同様に、胃酸分泌を抑制する薬剤であるため、併用はできません。保険適応としても認められていません。
併用できる薬剤としては、防御因子増強薬という胃の粘膜を守る働きを持つ胃薬や、ネキシウムとは異なる作用で、胃酸の分泌を抑える薬剤などです。その他に一緒に服用できる薬剤としては、健胃薬と呼ばれるもので、複数の消化酵素などを含み、胃部の不快感を軽減する種類のものです。胃痛以外に食欲不振の症状があれば、胃の動きを活発にさせる薬剤、また、悪心や嘔吐を伴えば、吐き気止めなどを一緒に服用することもあります。
この他には、生薬の成分を数多く含む、漢方薬などと併用することもしばしばあります。
これらの薬剤と共に服用することで、胃痛が改善することは、多くあります。
また、ネキシウムは、H2受容体拮抗薬以外にも併用することができない薬剤があるため、注意が必要です。
胃酸が亢進し、胃の痛みの症状が発現している場合は、ネキシウム単剤、または薬剤を併用することで、その症状を緩和できます。