逆流性食道炎の治療薬ネキシウムの副作用は下痢や腹痛

従来、日本人には少ない病気とされていた逆流性食道炎は、食生活の変化に伴って近年ではかかる人が増えている病気であり、脂肪分やたんぱく質の多い食事の取りすぎや、加齢などの要素がある人では特に注意したい病気となっています。
逆流性食道炎の症状には、胸が焼けるような気持ち悪さがある胸やけや、酸っぱい液体が口まで上がる呑酸、吐き気、胸が締め付けられるような痛みなどがあり、逆流した胃液の影響で咳や喘息が起こることもあります。
このような逆流性食道炎は治療せずにいると合併症を引き起こすこともあるため、胸やけや呑酸の症状を感じたら、内科を受診して問診や検査によってこの病気かどうかを診断し、治療を始めるのがおすすめです。
ネキシウムカプセルは逆流性食道炎の治療によく使われる薬で、有効成分はエソメプラゾールといい、他の効能としては、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、非びらん性胃食道逆流症などがあります。
ネキシウムカプセルが逆流性食道炎の治療に使われる理由は、この薬がプロトンポンプ阻害薬という、胃酸の分泌を強力に抑える働きをするからです。
この薬で胃酸の分泌を抑え、食道へ逆流している胃酸を少なくすることで、食道に起こっている炎症や胸やけなどの症状を軽減することを期待出来ます。
ネキシウムカプセルは医師の指示に従って使えば安全な薬ですが、他に薬を服用している人や、持病、アレルギーなどがある人は医師にそのことを伝えておくと、薬の処方時に考慮してもらえるので話しておくようにしましょう。
ネキシウムカプセルを服用中には、副作用が出ることは少ないとされていますが、人によっては頭痛やめまいが起こったり、下痢、軟便、便秘などに伴って腹痛などが起こることもあるので念のために注意してください。